幸せなドレスの管理法

初心者のためのドレス情報サイト

ウエディングドレスを管理する方法について

ウエディングドレスを管理する方法について 自分が着たウエディングドレスは、一生の思い出の洋服ですので結婚式が終わった後自宅で保管したいと思う人はとても多いようです。
しかし、きちんと管理しておかないとせっかくのウエディングドレスが台無しになってしまう場合があります。
では、家で管理する場合にはどんなことに気を付けるべきでしょうか。
一つは、型崩れをしないようにすることです。
ウエディングドレスは、ビーズやレースなどの装飾がたくさん施されており繊細なデザインですので、折りたたんで収納するなら装飾が取れてしまうことがあります。
それで、たたんで収納するのではなくできるだけつるしてクローゼットにかけて保管するようにしましょう。
そして、何年もずっとしまいっぱなしにしておくのではなく、時折ウエディングドレスをクローゼットから取り出して風を通して柔らかいブラシなどでホコリを落とすことも必要です。
保管すると気の注意点としては、ビニール袋をかけてしまうと通気性が悪くなってしまい湿気がたまりカビや汚れの原因ともなってしまいますので、不織布で覆うと良いでしょう。
不織布をウエディングドレスの上からふんわりかけるだけで、ホコリ、日光、湿気などを防いでくれます。

ウエディングドレスを個人で管理するにはいくつかのコツがあります。

ウエディングドレスを個人で管理するにはいくつかのコツがあります。 ウエディングドレスは一生の思い出が残る衣装ということもありしっかりと保管したい大切な衣装ですが、特殊な衣類ということもあり個人で管理するにはとても難しく、シミやカビにシミなどの発生などいろんな心配があります。
しかしウエディングドレスの保管にはいくつかのコツがあり、いくつかのことに注意すれば個人で長期に管理することが可能です。
まずはシミの発生を防ぐためには収納前に必ずクリーニングを利用することが大切で、無理に自宅で洗濯すると生地を傷めるなど劣化を早める原因となりますのでプロに依頼することが大切です。
カビの発生を防ぐには通気性のよい状態で保管することが大切で、ハンガーにつるして通気性をよくするなど工夫をする必要がありますが、この時にビニールの袋などをかぶせたままだと通気性を妨げることとなり注意する必要があります。
またこれらの方法以外にも定期的に陰干しをするなどウエディングドレスに風を通したり、ホコリや汚れが付着した場合には衣装を傷めない柔らかいブラシなどで丁寧に落とすなど、定期的に自分の目で状態を確認することも大切です。
このようにウエディングドレスを個人で管理するにはこれらのことに注意することで長期的によい状態で保管することができます。

豊富な品揃えのウェディングドレスレンタル店です。

ウエディングドレスを名古屋でレンタル