幸せなドレスの管理法

初心者のためのドレス情報サイト

ウエディングドレスを自宅で管理時の注意点

ウエディングドレスを自宅で管理時の注意点 思い出のあるウエディングドレスなかなか捨てられず親族や家族に着てもらう機会や、中古の需要としてもありさらに自宅で管理するとなるとその大きさから場所をとりさらに型崩れやカビの発生などが心配で自宅で長期の保管は難しいです。
しかしいくつかの注意点に気を付けることで自宅でもウエディングドレスをしっかりとよい状態で保管することができます。
まずは型崩れやカビの発生を防ぐためにはたたんで収納せずにハンガーなどでつるすことが大切で、このことで通気性もありカビの発生を防ぐ効果もありますが、場所をとるためこの方法以外で保管したい場合は真空パックで保管する方法も選択することができ、専門でこのサービスを提供している業者もあり長期の保管にはとても便利なサービスです。
またクリーニングを利用した時はビニール袋などをかけて返却されますが、袋をかけたままだと通気性が悪いこともあり不織布などの通気性がよく、ホコリや日光などによる劣化を防ぐ素材を選択することが大切です。

ウエディングドレスを管理する際のポイントとは

ウエディングドレスを管理する際のポイントとは 新婦さんにとって一生物であり、結婚式当日に大切になるのはもちろん、その前後も丁寧な管理が必須となるのがウエディングドレスです。
ウエディングドレスは大切に管理すればいつまでも綺麗な形を維持できる一方で誤った方法で保管をしていると型崩れが起きてしまったりカビが生えてしまいます。
ドレスを保管する上でのポイントについて解説をしていきます。
まずは保管方法についてですが、カビ対策や型崩れのリスクを考えるとできるだけ折り畳まずに保管するのが最善だと考えられます。
ハンガーに吊るして保管し、時々陰干しをするのがベストなのですが、実際のところウエディングドレスは嵩張りますし、頻繁に陰干しするのは難しいと考えられます。
そこでおすすめなのがウエディングドレス専用の真空パックを利用することとなります。
真空パックを利用すれば型崩れのリスクを抑えてドレスをコンパクトサイズにできますし、カビが生えてしまうリスクも抑えることができます。