幸せなドレスの管理法

管理を怠ると臭いがつく

管理を怠ると臭いがつく

管理を怠ると臭いがつく 一生に一度のウエディングドレスを自分の体に合わせてオーダーをした花嫁さんも多いことでしょう。最近の肩を出すデザインの物はどうの部分は特にジャストフィットしなければ着心地が悪く、まだ、ゆるければ締めることが出来るのですが、狭い場合は本当に苦しい着心地となります。オーダーをしてもレンタルとさほど変わらない金額の場合は自分専用の藻作ったほうがお得です。2次会にそのまま着ていくこともでき上、汚しても心配にならない安心感もあります。
しかし、その晴れの一日の後は必要がないために無造作にクローゼットにかけっぱなしになってしまうこともよくあります。そうすると当日の汗や汚れでウエディングドレスはシミがついたり臭いにおいがついたままになりやすいのです。結婚式の前にウエディングドレスの管理をどうするかを決めておくのが良いです。専門のクリーニング屋さんもあります。すぐに出すことできれいなまま保管することが出来ます。また、小さなドレスに作り変えたりして記念に残すこともできます。結婚式場で相談できる場合もありますし、インターネットででも調べてみると良いです。

型崩れを防ぐオススメ管理方法

型崩れを防ぐオススメ管理方法 ウエディングドレスを購入した場合、式後の管理をどのように行ったら良いかご存知ですか?ウエディングドレスは、他の洋服のように、そのままクローゼットで保管していると型崩れしてしまったり、虫食いやカビなどのトラブルが発生することもあります。ウエディングドレスを自宅で保管したい場合には、いくつか方法をご紹介します。
まずは、クリーニング店などで長期保存用の処理を行ってもらう方法です。これは、ドレスを真空圧縮させて袋に入れることで虫食いやカビ、ドレスの変色や型崩れなどを防止することができます。スパンコールやレースなど装飾が多く付いている場合には、生地にそれらの跡が付かないように圧縮する代わりに窒素などを封入する場合もあります。
一風変わったドレスの保管方法として、他の物へ作り変えて保管するのも一つの手です。ドレスの一部分を使ってクッションカバーやベビードレスに作り代えることで保管スペースを小さくしたり、飾っておくことを可能にするなどの利点があります。
どちらの方法もクリーニング店やドレスの加工業者を探さなくてはなりませんが、長期間綺麗なままでドレスを管理するためにはオススメです。