幸せなドレスの管理法

ウエディングドレスの運搬方法

ウエディングドレスの運搬方法

ウエディングドレスの運搬方法 ウエディングドレスの運搬は花嫁なら誰もが気を使う点になります。海外での挙式を予定しているのであれば、ドレスを畳んで運ばないといけませんし、運ぶのに適した素材のドレスを選ぶことが大切になります。ウエディングドレスの素材がしわになりやすいものはできるだけ避けることも大事です。店員さんに相談をすると、しわになりづらいドレスを選ぶことができます。運搬方法は飛行機で移動をする場合には機内持ち込みをすることになります。万が一荷物を機内持ち込みにしなかったことで、ロストバゲージからでてこなかったら紛失扱いになるので気を付けないといけません。機内では吊るしてもらえる場合もあるので聞いてみるといいです。持ち運ぶ際には、綺麗に畳んで持ち運ぶことが大事です。畳み方はお店の店員さんに聞いてみると正しいやり方を教えてもらえますし、しわができることもなく安心です。最近はウエディングドレスを運ぶキャリーバッグなども販売されているのでそれを使って運ぶのも良いです。

結婚式までウエディングドレスを保管する方法

結婚式までウエディングドレスを保管する方法 ウエディングドレスをレンタルではなく購入した場合には、結婚式当日まで自分自身で保管することになります。それは結婚式場や披露宴会場を持っているホテルの場合には持込みのウエディングドレスには手をかけない所が多いので、結婚式の前日又は前々日からしか預かってくれないことが多々あります。そうした事情があるので、持込みのウエディングドレスの場合には自宅でその時まで保管しなければいけません。おすすめは、ドレスカバーにウエディングドレスを入れて立体ハンガーで吊るした状態で日の当たらない場所に置いておきます。そして、ドレスカバーのファスナーは半開きにしておくことがポイントになります。半開きにしておけば、通気性が良くなります。なお虫食いを防ぐために防虫剤などは結婚式当日まで日にちが短ければあえて入れる必要はありません。薬剤のガスにより生地や副資材に変色してしまうリスクがありますので、短い期間ならば防虫剤は不要です。